第一化工株式会社 経営方針

SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組みを行い
持続可能な社会の実現に努めます。

未来のために、今できること

持続可能な開発のための2030アジェンダ
17のゴール・169のターゲットから構成され
地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

SDGs持続可能な開発目標

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs持続可能な開発目標とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは, 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちは持続可能な開発目標
『SDGs』を支援しています

『SDGs』とはすべての人々にとってより良い世界をつくるために
2030年までの間に取り組むことが同意された目標です。
この国際社会共通の目標を達成することが企業に新たな事業成長の機会を見出し、リスク全体を下げることへとつながります。

SDGsは、なぜ第一化工にとって重要か?

◇SDGsは成長する市場を明確にしています。将来のビジネスチャンスがそこにあります。
◇社会が機能しなければ企業が成功することはできません。SDGsの達成に投資することは、ビジネスの成功に必要な柱を支援することになります。
◇SDGsは、相互に協力できるパートナーを結び付けてくれます。

全世界の政府によって合意されたものですが、その成功は、すべて主体による行動や協働に大きく依存しいています。
SDGsの成功には、企業行動がカギとなります。

第一化工にできること

アイコンをクリックすると、詳細がご覧になれます。

まず自分たちのできる第一歩は、SDGsを知ることです。

TOP
・年2回の団体献血の実施

・日本赤十字への寄付
・タイからの技能実習生に技術指導を実施

 帰国後はタイ工場で技術の伝承を行う。

・日本語能力試験の推奨
・『なら女性活躍推進倶楽部』に登録(2020年9月)

・女性満足度調査を毎年実施し改善につなげる(2021年5月女子更衣室整備)
・太陽光発電システム(200kw)の導入(2013年6月開始)

 本社工場屋上にパネル840枚を搭載し、1枚当たり240W発電
・『奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業』に登録(2020年11月)

・若年者雇用の推進(2021年3月若年者雇用推進部門表彰)
・カメラ・センサー・IoT・AIを積極的に導入し自動化を推進

・環境配慮樹脂を使用しCO2・温室効果ガスを削減

・エコ製品AMEDESU-Qによる傘袋の削減

・リサイクルを推進し廃棄物を削減

・工程ロスを削減し不要なエネルギー消費を抑制する
・年2回の団体献血の実施

・日本赤十字への寄付
・タイからの技能実習生に技術指導を実施

 帰国後はタイ工場で技術の伝承を行う。

・日本語能力試験の推奨
・『なら女性活躍推進倶楽部』に登録(2020年9月)

・女性満足度調査を毎年実施し改善につなげる(2021年5月女子更衣室整備)
・太陽光発電システム(200kw)の導入(2013年6月開始)

 本社工場屋上にパネル840枚を搭載し、1枚当たり240W発電
・『奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業』に登録(2020年11月)

・若年者雇用の推進(2021年3月若年者雇用推進部門表彰)
・環境配慮樹脂を使用しCO2・温室効果ガスを削減

・エコ製品AMEDESU-Qによる傘袋の削減

・リサイクルを推進し廃棄物を削減

・工程ロスを削減し不要なエネルギー消費を抑制する
・カメラ・センサー・IoT・AIを積極的に導入し自動化を推進